放置は危険

ストレッチ

膣が緩んでしまうことでいろいろな症状が発生します。例えば、性交時にオナラのような音がしたり、尿が漏れてしまったりと、膣の緩みを感じる経験をした女性は多いでしょう。ですが、デリケートゾーンは意識しない限り毎日チェックすることはありません。デリケートゾーンに悩んでいる人に向けて、膣の緩みが起こる原因について解説します。

子宮や膀胱などは骨盤底筋と呼ばれる筋肉で支えられていますが、その力が弱くなることで膣の緩みが起こります。骨盤底筋の低下は加齢による問題もありますが、大きく関係しているのが出産です。出産を行うことで膣は広がりますが、完全に元に戻ることはないと言われています。そのままの状態を放置したままでいると、子宮脱が起こる可能性があるので注意が必要です。また、出産を経験したことがなくても、骨盤底筋が低下する女性もいます。それは運動不足です。そのため、以前と比べて、膣の緩みに悩む若い人が増えているのです。最近は膣の緩みを改善するためにトレーニングを行う人もいますが、症状が深刻な場足は専門クリニックへ相談することが大切です。

専門クリニックでは膣の緩みの改善するために、いろいろな治療を受けることができます。膣縮手術や高周波を使用した治療など、症状に合わせた治療を受けることができるでしょう。日本には数多くの専門クリニックがありますが、安心して治療を受けるためにも、信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。