簡単に行える

女の人

膣の緩みは自分では気づかないこともあるでしょう。性行為の際にパートナーから指摘されたり、少しの刺激で尿が漏れてしまったり、気づいたときにはショックを受けてしまうことがあります。ですが、年齢や出産で膣の緩みは起こってしまうので、ほとんどの女性が経験するトラブルでもあります。そこで、膣の緩みの改善効果のあるトレーニングについて紹介します。トレーニングを行うことで膣の締まりが良くなるだけでなく、尿漏れなどの症状を改善できる効果に期待ができるでしょう。

一口にトレーニングと言ってもいろいろな方法がありますが、まずは立ったまま行える方法について紹介します。まずは肩幅に合わせて脚を開きますが、体がリラックスしているかが大切です。まずは、息を吸い込みながら肛門に力が入るのを意識します。肛門が締まる感覚を覚えたら、そのままの状態で5秒間キープしましょう。その後は、息を吐きながら締まった肛門を5秒間かけて緩めていきます。この動作を数回繰り返しましょう。息を吸ったり吐いたりする時は、ゆっくり行うことが重要です。

膣の緩みを改善するトレーニングは、膣が緩んでいない人でも行うことができます。トレーニングで筋力を鍛えることで、膣の緩みの予防を行うことができるでしょう。ただし、やり過ぎると体が疲れてしまうので、体に負担をかけずに行うことが大切です。膣の緩みを改善することで、コンプレックスを解消することができるでしょう。